NEWS
新着情報
解体お役立ち情報 2022.05.28

田舎の家を解体する流れと費用についてご紹介します!

「田舎にある家を解体したい」

「解体にはどのくらい費用がかかるのかな」

このようにお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、田舎の家を解体する際の流れと費用についてご紹介させていただきますのでぜひ参考にしてみてください。

□田舎の家を解体するまでの流れを解説します!

*工事前に行うべきこと

まず初めに解体業者に現地調査を行ってもらいましょう。

現地調査は工事の基本となる解体計画を立てるために必要で、建物の坪数や工事に必要な作業人数・日数などを業者が調査し、費用がいくらかかるのか計算します。

この際、遠方にお住まいでスケジュール的にも現地調査に立ち会えない…などといった場合でも、解体業者単独での現地調査は可能ですのでご安心ください。

業者単独での現地調査の場合、電気やガスなどインフラ周りの利用状況・近隣住民の様子など、解体工事に関わってくるような事で事前に共有できることは業者に伝えるようにしましょう。

また、田舎にある家の見積を依頼したがしばらく現地に行っていないので現場の様子がわからない(覚えていない)。そんな状況であれば、現地調査の際に多めに写真を撮ってきてもらい、現在の状況を確認し、依頼者と業者の認識を合わせておくといった事も大切です。

*解体工事の流れ

家の解体工事は、屋根の瓦を撤去するところから始まります。

設備や内装などの撤去が手作業で進められ、残っている家具や家電はこの段階で処分されます。

手作業で行う作業がすべて終わったら、重機を使用した解体作業が始まります。

重機を使用すると振動や騒音、粉塵の飛散などが発生しやすいため、周辺環境や近隣住民に配慮して工事が進められます。

重機を使用した解体作業が終わると、細かいくずやコンクリート片を除去して整地していきます。

工事の最後に現場を清掃するので、水道の解約をするかは解体業者と話し合って決めましょう。

*解体工事が済んだ後の手順

解体工事がすべて終了したら、工事終了後1か月以内に建物滅失登記を行います。

不動産登記法では、取り壊した建物を1か月以内に登記しなければいけないと決められています。

申請の際は、管轄の法務局で手続きを進めていきます。

書類の手配など、自分だけで申請を行うことが難しい場合は、土地家屋調査士などに依頼する方法もあります。

滅失登記が完了したら、解体工事に必要な作業はすべて終了です。

□田舎の家を解体する際の注意点を解説します!

次に田舎の家を解体する際の注意点についてご紹介していきます。

*建物滅失登記

解体後の建物滅失登記を忘れないようにしましょう。

滅失登記の手続きは解体業者に代行してもらうことはできず、基本的に自分で手続きを進めていく必要があります。

しかし、実際には遠方に住んでいる為なかなか現地の法務局まで足を運べない…そんな場合、土地家屋調査士に代行を依頼する方法もあるので、忘れずに手配しましょう。

滅失登記が完了していないと、建物の建て替えができなかったり、固定資産税がかかり続けてしまったりといった問題が発生します。

また、滅失登記は申請義務があり、登記をしていないと10万円以下の過料が科されるケースがあります。

*固定資産税や都市計画税が増額してしまうケース

建物を解体した土地で、固定資産税や都市計画税が増額してしまうケースがあることに注意しましょう。

これらの税金は、土地に建物が建っていると減税措置を受けられます。

解体後に土地を更地にすると、建築不可能になってしまうケースがあることに気をつけましょう。

*建物を建てる際の基準について

建物を建てる際には、建築基準法などで定められている基準を満たしている必要があります。

年数が経って法律が改定されて、建築時は適法だったものが数年たって建物を建てられなくなっていることがあります。

再建築不可とみなされた土地は、将来的に売却することも難しくなります。

建物を解体する前に、法律上、解体後に再び再建築できるかを確認しておきましょう。

□田舎の家を解体する際にかかる費用をご紹介!

建物の種類や土地面積などによって異なりますが、古い木造の30坪程度の家を解体する場合、現在では90万円から150万円程度が相場といわれております。

 

また、これは田舎の家の解体に関わらずですが、付帯工事がどのくらい必要かによって上記の金額から費用が上乗せされます。

付帯工事とは、駐車場や倉庫、庭などの解体工事のことで、家の建物部分以外に設備や施設が充実していると、付帯工事費用がその分かかってきます。

都心や住宅街でも付帯工事はありますが、田舎の家では立派な木であったり、庭石・石垣・庭池・浄化槽など、付帯工事が通常の解体工事より多くなりがちです。

 

家屋のみの解体金額だけを想定していると、付帯工事の撤去費用が思ったよりかかって予算オーバー…。そんな事態も有り得てしまうので、解体工事の際には家だけではなく付帯工事の事も忘れずにいるようにしましょう。

□まとめ

今回は、田舎の家を解体する際の流れと費用を紹介しました。

市内はもちろん、田舎の住宅の解体をご検討の方も弊社の専門家がしっかりとサポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求