NEWS
新着情報
解体お役立ち情報 2022.07.21

古い家は解体してから売るべき?その訳を解説します!

「土地を売却する前に、古い住宅を解体しようか悩んでいる」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。
今回は、古い住宅を解体してから売却するべきなのかを解説します。

□住宅を解体して売るにはどのくらい費用がかかる?

古い住宅を解体する際は、解体業者に工事を依頼することが一般的です。
壊れかけの住宅であっても、廃材を搬出したり、解体後に土地をきれいに整地したりすることは難しいです。
そのため、費用はかかりますが、業者への依頼をお勧めします。

住宅の解体費用は、建物の構造によって異なります。
青木工業では一坪当たり、木造建築は2.2万円~、鉄骨造は1.6万円~、鉄筋コンクリートの場合は2.2万円~となっています。

料金一覧

解体費用は、建物の構造による一坪あたり単価に実際の坪数をかけて概算できますが、実際に解体費用は必ずしも相場通りになるわけではありません。
古い住宅を解体する際の工事費用は、付帯部分の工事がどのくらい含まれているかで異なります。

付帯工事とは、カーポート、庭などの外構撤去工事です。
これらの設備が多いほど、かかる費用は高くなります。
例えば、カーポートの撤去には1台当たり5,000円~、ブロック塀の撤去には1mあたり2,000円~となっております。

工事費用だけでなく、工事で発生する廃材の処理にも費用がかかります。
廃材の種類や相場によって処分単価は異なります。
1㎥当たり、コンクリートや木くずは1㎥4,000円~、石膏ボードは1㎥2万円~、ガラスなどは1㎥1.3万円~となっております。

また、重機を搬入できるかどうかも費用を左右する要因になります。
搬入経路が狭い道路には、大型の重機を入れることができません。
その場合、小型重機もしくは手作業で解体工事を行わなければいけないので、より多くの費用がかかってしまいます。

□住宅を解体してから売る際のメリットとは?

*買い手が見つかりやすい

空き家は管理が大変だと感じている方が多くいらっしゃいます。
そのため、解体すれば面倒が減るので、管理がしやすくなるうえ、買い手も見つかりやすくなります。
新築住宅を建てるために土地を探している人からすると、空き家を残したまま売却するよりも、更地の方がそのまま家を建てられますよね。

建物部分がボロボロになっていて、住むことに適していない空き家の場合は、取り壊して売ることをおすすめします。
更地にすることで、土地全体の大きさも把握しやすいので、建物を残すよりも効果的に売却活動を行えるでしょう。

*建物に対する責任を負う必要がなくなる

古い住宅を売却する際は、売却後に想定外の欠陥が見つかった場合など、売主は買主に対して責任を負わなければいけないこともあります。
これを「契約不適合責任」と言います。

「契約不適合責任」とは、売主が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しない目的物を引き渡した場合、売主としての責任のことを指します。 買主は売主に対する追完請求権、代金減額請求権、損害賠償請求権及び、法定解除権を取得することになります。

例えば、雨漏りやシロアリの被害を受けていることが売買契約の際に買主に伝えられていない場合などが考えられます。

古い住宅の場合、売主が予想していない思わぬ欠陥がある可能性が高いです。
そのため、売却前に取り壊しておくと、想定外のリスクを防止できるでしょう。

□住宅を解体して売却する際の注意点をご紹介!

*控除の適用期限に注意する

解体して売却する住宅がマイホームの場合、「3000万円特別控除」という節税特例を受けられます。
マイホームを売却する際には、譲渡所得から3000万円が控除されるので、ほとんどの場合で譲渡所得がゼロになります。
そのため、譲渡所得税を節税できます。

「3000万円特別控除」を利用するためには、タイミングの制限があります。
新しい住宅に引っ越してから3年後の12月31日まで、もしくは取り壊してから1年以内のどちらか早い方の期日までに売却しなければなりません。

すなわち、解体してから1年以内に引っ越しから3年後の12月31日が来てしまう場合、それより前に売却しなければ控除を受けられません。
また、住宅を解体した後に、その更地を他人に貸してはいけないという決まりがあります。
期限を忘れないように、解体後はすぐに売却すると控除を逃さずに済むでしょう。

*固定資産税と取壊しのタイミングを意識する

土地の上に住宅が建てられている場合、「住宅用地の特例」が適用されているので、土地の固定資産税が通常よりも安くなっています。
そのため、住宅を解体した後は、建物への固定資産税はかからなくなりますが、その土地にかかる固定資産税は上がります。

住宅を解体した後は、200平米より狭い土地の場合、固定資産税は4倍以上に上がります。
これより広い土地の場合は、3倍から4倍ほどに上がります。
古い住宅の場合、建物の固定資産税はとても安いです。
土地の固定資産税が上がる方が大きな影響があるので、固定資産税の総額は上がってしまうことが多々あります。

固定資産税は1月1日の状態で判断されます。
そのため、1月1日に住宅を解体して、その年のうちに売却できれば、固定資産税を安く済ませて売却できるでしょう。

□まとめ

今回は、古い住宅を解体してから売るべきか解説しました。
本記事を参考にしていただければ幸いです。

名古屋市周辺で住宅の解体や売却を検討している方は、ぜひ当社にお任せください。
当社の解体工事の専門家が全力で皆様をサポートいたします。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

\ お立会いで商品券1,000円プレゼント /

無料お見積もりはこちら

 

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求