NEWS
新着情報
解体お役立ち情報 2022.06.14

解体工事をしたときにどのような影響がある?影響と対策法をご紹介!

解体工事をする際に、近隣住民とのトラブルになったという話を聞いたことはありませんか。
実際に、近隣住民の方のことを何も考えずに、解体工事を始めるとさまざまなトラブルが発生する可能性があります。
そこで、この記事ではトラブルの内容や、影響について紹介します。

□近隣住民とのトラブルについて紹介!

解体工事を行った時に起こる可能性がある近隣住民とのトラブルについて、5つほど紹介します。

1つ目は、工事前に挨拶がないことによるトラブルです。
解体工事を行う時は、少なからず近隣住民に迷惑をかけてしまうものなので、必ず事前に挨拶回りをしましょう。
挨拶をする際は、解体工事の簡単な内容と発生してしまう可能性がある騒音や振動などの説明をしましょう。
このようにして、近隣住民の了承と納得を得た上で、解体工事を解体業者に始めてもらいましょう。

2つ目は、粉塵飛散の対策がされていないトラブルです。
解体工事で、粉塵が飛んだり舞ったりすると、近隣住民の方の所有物や外に干してある洗濯物を汚してしまうことがあります。
また、窓を開けて換気をしている家に粉塵が入ってしまう可能性があります。
そのため、粉塵飛散の対策として、粉塵が発生するような解体工事の場合には散水を行い、被害が出ないようにします。

しかし、それでも近隣住民の方の迷惑になってしまう場合は、粉塵飛散する日にちと時間帯を予め伝えるようにしましょう。

3 つ目は、作業時間が守られないトラブルです。
実は、解体工事ができる時間帯は「振動規制法」「騒音規制法」に則り、多くの人が生活している場所では、午前7時から午後7時の間に行う必要があります。
この作業時間が守られていないと、近隣住民の方が寝ている時間帯に解体工事による粉塵や騒音が発生してしまい、トラブルの元になります。
解体業者は、社員教育が徹底されている弊社のような企業を選びましょう。

また、皆が家にいる時間帯である早朝や夕方には、その時間帯に解体工事が行なわれることを伝えておくとトラブルが防げるでしょう。

4つ目は、工事車両の駐車についてのトラブルです。
トラブルの中では、工事車両の駐車によるトラブルが最も多いです。
その理由として、住宅街の道路に工事車両を駐車しておくと、そこが通れなくなってしまう可能性があるからです。
そのため、敷地内に停められるスペースがない場合は、コインパーキングに停めてもらいましょう。

また、近くにコインパーキングや駐車するスペースがなく、止むを得なく道路を通行止めにする際は「道路使用許可」を申請してください。
「道路使用許可」を申請する際には、警察に書類を提出することになります。
この申請はおよそ1日から3日かかります。

5つ目は、借地許可についてのトラブルです。
解体する家が2階建てで隣との家の幅が狭い場合は、自分の家だけで養生や足場を作ることが困難になる可能性があります。
この場合は、隣の家の土地を借りて足場を作ります。
このときに、許可を得ずに勝手に隣の土地へ足場を作ると、「不法侵入」となってしまうので、トラブルを防ぐためにきちんと許可を得るようにしましょう。

□解体工事でなぜ振動が起きるのか?

解体工事で発生する粉塵や振動は、上記のような近隣住民とのトラブルを引き起こす可能性があると紹介しましたが、そもそもなぜ解体工事で振動が発生するのでしょうか。
ここでは、解体工事で揺れる理由について、紹介していきます。

解体工事を行う際は、木造やコンクリートでつくられた家を、解体するので人の手ではなく、主に重機を使って行います。
その影響で、振動が大きくなってしまいます。

また、工事で振動が起こりやすい理由として、重機によって地盤自体に手を加えることも挙げられます。
地盤に手を加える場合には、必然的に振動が近隣住居へそのまま伝わってしまいます。

しかし、このような振動が起きたとしても、近隣住民から訴えられてしまうかもという心配は基本的にする必要はありません。
なぜなら、環境庁によって振動の基準が決まっており、あまりにも振動がひどい場合は、「振動規制法」によって工事の内容や期限が規制されるからです。

□解体工事で発生する粉塵による影響とは?

粉塵とは、空気中に舞う粉のように細かい粒子のことです。
粉塵にはさまざまな種類があるのですが、解体工事における粉塵は、建物を取り壊すときに出てくる建材の破片や埃が含まれます。
そのため粉塵を完全に防ぐことは難しく、抑えるように最大限に努力したとしても多少は飛散してしまうものです。

実は、粉塵を吸い込んでしまっても、即座に体に不調が現れることはありません。

しかし、体が弱い乳幼児や高齢者が吸い込んでしまった場合は、影響が出やすいです。
そのため、できるだけ避けることが良いでしょう。

□まとめ

今回は、この記事では解体工事をした時の、周りへの影響を紹介しました。
トラブルを避けるため、近隣住民の方には細心の注意を払って解体工事を行なってもらってください。
また、名古屋市周辺で解体工事をご検討中の方は、ぜひ弊社までご相談ください。

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求