NEWS
新着情報
解体お役立ち情報 2022.04.28

家を解体する際の庭木の撤去についてご説明します!

「家を解体する際の庭木の撤去について知りたい」
「庭木撤去の流れとはどのようなものなのかな」
このようにお悩みの方はいらっしゃるでしょう。

この記事では、庭木の処分方法、庭木撤去の流れ、植木を処分する際の注意点、自分で処理するポイントについてご紹介します。
名古屋市周辺で庭木を解体する予定のある方は必見です。

□庭木の処分方法について

撤去した庭木の処分方法は、いくつか存在します。
ここでは、それらの処分方法について紹介していきます。

1つ目は、地域のゴミ回収時に可燃ゴミとして出すという方法です。
枝や木をゴミ袋に入る程度の大きさに切って、ゴミ袋に入れて可燃ゴミとして出せます。
このときに、ゴミ回収員がケガをする原因にならないようにしましょう。
また、入れすぎて袋が破けたり、枝が飛び出したりしないように注意が必要です。

加えて、自治体によっては伐採した木くずは粗大ゴミ扱いになる場合があります。
事前にその地域のゴミの分別を確認しましょう。

2つ目は、クリーンセンターに持ち込むということです。
廃棄物の量が多かったり、撤去した木が大きくて適当な大きさに切れなかったりする際には、自治体のクリーンセンターに直接持ち込めます。
その場合には、費用が発生します。
この費用は重さで決まります。

3つ目は、業者に引き取ってもらうことです。
造園業者、不用品回収業者、便利屋など、有料で回収してくれるところがあります。
簡単に処分ができますのでおすすめです。

□庭木撤去の流れについて

ここまでは、庭木の処分方法についてお伝えしました。
ここからは、庭木の撤去の流れについても紹介いたします。

・伐採する方向を決める
・枝を切り落とす
・木を切る
・根を掘り出す
・撤去した木や根をまとめて処分する

庭木の撤去の流れは、上記のようになります。
ぜひ押さえておきましょう。

□植木を処分する際の注意点について

ここからは、植木を撤去する際の注意点についてご紹介します。
植木処分を検討している方は、しっかりと見ておきましょう。

1つ目は、土はゴミとして出せないということです。
植木を処分する際の注意点として、土はゴミとして出せないということがあります。
土は自然物であるので、自治体によってはゴミとして認定していないことがあるのです。

このような場合は、植木はそのままゴミとして出せません。
土の処分方法としては、園芸用の土を取り扱っているホームセンターや業者に問い合わせることが良いでしょう。
場合によっては、土を回収してくれることもあります。

2つ目は、業者選びについてです。
植木の処分を業者に依頼する場合は、注意すべきことがあります。
業者によっては、不当な値段を請求したり、植木を投棄したりすることがあります。

回収した植木を不法投棄されると回収を依頼した側が責任に問われる場合もあります。

業者を選ぶ際には、きちんとした業者であるかどうかをしっかりとチェックしましょう。

以上が植木を処分する際の注意点でした。
処分時には、ぜひ覚えておいてくださいね。

□自分で処理するポイントとは

最後に自分で庭木を処分する際のポイントについてお伝えいたします。
自力で引き抜いて運べる大きさの庭木であれば、これからお伝えする手順で処分ができますので、ぜひ参考にしてくださいね。

基本的には、先ほど紹介した、庭木撤去の流れに沿って進めましょう。

1つ目のポイントは、撤去に必要な道具をきちんと揃えることです。

・長袖、長ズボン(もしくは防護ズボン)を着用(切り落とす枝や葉などで体を傷つけないため)
・ゴーグル
・作業用手袋
・ヘルメット
・安全靴
・チェンソー
・スコップ
・ロープ
・ノコギリ
・滑車
・はしご、脚立
・ごみ袋

以上がきちんと用意できているかを確認しましょう。

2つ目のポイントは、天気の良い日に行うことです。
雨の日の作業は足元が滑ってしまい危険であり、木が水分を吸っていつもより重くなるため、作業の困難さが増してしまいます。
また、伐採した木を処分する際、重さによって費用が変わるため、できるだけ乾燥して軽い方が費用も抑えられるので、天気の良い日に行うようにしましょう。

3つ目のポイントは、自分で撤去できるかどうかをきちんと見極めることです。
あまりに太く、高さがある木は専門業者に任せるべきです。
高所からの転落や作業ミスなどのリスク回避や安全のために、専門業者に任せることをおすすめします。

4つ目のポイントは、少しずつ切ることです。
根本から一気に切るのではなく、最初に枝を切り落とし、木の高さの2/3あたりの位置から切りましょう。
木が倒れる際に枝や葉が飛び散らないですみます。

□まとめ

今回は、庭木の処分方法、庭木撤去の流れ、植木を処分する際の注意点、自分で処理するポイントについてご紹介しました。
庭木の処分に困っていた方の手助けになれば幸いです。

名古屋市周辺で庭木を撤去処分したい方は、ぜひご相談ください。

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求