NEWS
新着情報
2022.01.11

住宅の解体にかかる金額や安く抑える方法を紹介します!

不動産の売却を考えるうえで、「家を解体して更地にして売りたい」「解体する場合は金額はどのくらいなのだろう」「解体費用を抑えるコツはあるのだろうか」という疑問も出てくるのではないでしょうか。
そこで今回は、家を解体して更地にする場合のメリット、デメリットや金額について紹介します。

□家を更地にして売るメリットとデメリットとは

まずは、建物を解体して更地にしてから売却するメリットをご紹介しますです。

法定耐用年数を超えて家に価値がつかない場合、その物件は土地の値段で売買されます。
家があっても、古家付きの土地として売ることは可能ですが、買い手からすると、購入した
のちにその家を解体しなくてはいけません。

そのため、手間と費用がかかってしまいます。
買い手はあまり購入に前向きにはなれないでしょう。
つまり、解体して更地にしてから売却するメリットは、土地の買い手が付きやすくなることです。
早期売却の可能性も高まります。

次に建物を解体して更地にしてから売却するデメリットのご紹介です。
メリット・デメリットの両方を把握した上で、ご自身に有利なほうを選べるようにしておきましょう。

1つ目は、解体費用を土地の売却費用に上乗せできるとは限らないことです。
家の解体に100万円かかったとして、100万円分土地の売却金額に上乗せできるとは限りません。
家が建っていてもなくても、結局その物件は土地の値段で評価されます。
解体費用を売却金額に計上できても、解体費用の一部にとどまってしまうこともあります。

2つ目は、更地にしたあと固定資産税が上がることです。
住宅が建っている土地の場合は、固定資産税が最大で1/6になる特例が適用されています。

しかし、住宅を解体してしまうと、特例が適用されなくなるため、土地に課される通常の固定資産税額の支払いが求められます。
結果として、更地にすると、住宅を解体する前よりも固定資産税を多く支払わなければいけません。

□解体費用の相場とは

ここで、解体にかかる費用について触れておきます。
この金額によって、解体をするか、しないか決めることになる方もいるでしょう。

第一に建物の構造です。
木造なら坪単価2.2~5.8万円、鉄骨造なら坪単価1.6~3.8万円、鉄筋コンクリート造なら坪単価2.2~5.8万円ほどです。
木造でも、最近建てられたものだと、複雑な構造や頑健な構造を採用していたりする場合もあるので、これは例外と言えます。

第二に、解体する面積です。
解体する面積が広いほど費用はかかってきます。
平屋建てに比べて2階建てでは、壊す面積や作業の時間・廃材増えるので費用が高くなります。
地下がある場合も同様です。
地下がある場合は、特殊な重機や埋め立ての作業を要することもあります。

第三に、重機が入るスペースがあるかなどの、立地です。
簡潔に言うと、解体しやすい立地かどうかで費用が変わるということです。
道が狭くて重機がが入っていけない、隣家への特別な配慮が必要、などの場合は、工期が伸びたり工事内容が変わったりします。

最後に、産業廃棄物のの量です。
解体工事をして出た廃材を、木材、金属のように分別して運び出します。

これらの廃材は多いほど運搬コスト、処理コストが高くなり、解体費用も多くかかります。
多様な建材を使っている建物では、分別の手間も増えるので解体費用が通常よりも多くかかると考えておきましょう。

□解体費用を抑える方法とは

更地にして土地を売ろうと考えている場合、解体費用を抑えられると売却によって入ってくるお金が増えます。。
そこで、解体費用を抑える方法を紹介します。

1つ目は、解体工事前にゴミを処分しておくことです。
解体業者や清掃業者にゴミの処分を依頼すると、ゴミの処理代金以外に手数料がかかります。
手間や時間はかかりますが、自分でゴミの処理を行なえばゴミの処理代金のみで手数料を浮かせることが可能です。

例えば粗大ごみの場合は、事前に手続きを行なえば自分で処分場へ持ち込むことができます。 (名古屋市:ご自分で処理施設に搬入する場合(自己搬入)
https://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/5-6-26-0-0-0-0-0-0-0.html)
時間や体力に自信のある方は、無理のない範囲で自分でゴミの処理を行ってみましょう

2つ目は、解体工事の着工日に柔軟性をもたせることです。
解体業者は重機の運搬コストを下げたいので、工事と工事の間をなるべく開けたくないのです。
もしも解体工事を急がなければならない理由が特にない場合、その旨を解体業者に伝えてみてください

3つ目は、自社で重機や工事機材を所有している業者を選ぶことです

人が行うと大変なことでも重機を使うと効率的に作業できます。
そのため、人件費も抑えられ、作業が短時間で終わり、費用も安くなります。
重機を持っていて効率よく行う業者を選びましょう。
自社で重機などを所有していると、工事のたびに機材をレンタルする必要がないのでコストが削減できます。
また、自社で保有することでこまめにメンテナンスを行なえるため、いつでも安全な状態で施工に臨むことができます。
弊社では重機や機材が置いてある資材置場の整理整頓にも気を配っていますので、Googleマップの航空写真などで見てみてくださいね

□まとめ

今回は、家を解体して更地にする場合のメリット、デメリットや金額について紹介しました。
建物の解体は、多くの費用がかかることなので、更地にすべきか否かしっかり考えてから行いましょう。

住宅の解体費用についてご不明な点がございましたら、ぜひ弊社にご相談ください。

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求